【0~2歳向け絵本】おつむてんてんって何さ?「おつむてんてん」の内容と感想

おつむてんてん 生活
この記事は約2分で読めます。


あかちゃんとおかあさんの絵本「おつむてんてん」について、

絵本の内容や感想、1ページあたりの文字の量や構成要素などを紹介していきます。

絵本の購入時や、図書館等で本を借りる時の参考にしてください。

「おつむてんてん」の作品情報と対象年齢

  • 作:なかえ よしを、絵:上野紀子
  • 出版社:株式会社金の星社
  • 出版年:1980年
  • 対象年齢:0歳〜2歳

「おつむてんてん」の内容(あらすじ)

さっちゃんが、おつむてんてん。おくちは、あわわ。それをみていた、にゃんこがまねた。おつむてんてん、おくちは…。―やわらかな色合いの絵と愉快な言葉のくり返しでつづる、なかえ・上野の絵本の世界。
(金の星社HPより引用)

1ページあたりの文字の量と構成要素

1ページあたりの文字の量:「少なめ

※注 文字の量は、筆者の受けた印象です。

「少なめ」の定義は、1ページあたりの文字量がだいたい以下の量です↓

例:わんちゃんが ないているよ。

からすも かーかーと ないているよ。

構成要素:

  • おつむてんてん(赤ちゃんが両手で軽く頭をたたく動作)」
  • おくちあわわ(お口を大きく開ける)」
  • 動作をまねる」
  • ねこ・いぬ・あひるが登場する」

「おつむてんてん」を購入した感想

最初に表紙を見たとき、「おつむてんてん」ってなんだろう?と思いました。

調べてみると、赤ちゃんをあやす「おつむてんてん」という伝統的な手遊びがあるんですね。

ちょち ちょち あわわ』という手遊び歌の中でも歌われているそうです。

実際に子どもに読んでみたところ、おつむてんてんは真似してくれませんでした。

(多分私が自信なさげに「おつむ…てんてん?てんてんってなんだ?両手か?片手か?」とやっていたからだと思います)

「おくちは あわわ」はちゃんと真似してくれました。

えんぴつの、柔らかいタッチで書かれており、読んでいて癒やされる絵本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました