【0~2歳向け絵本】薬飲んでよく寝たら風邪は治るよ!「ノンタンはっくしょん!」の内容と感想

ノンタンはっくしょん 生活
この記事は約2分で読めます。

赤ちゃん版ノンタン9の「ノンタンはっくしょん!」について、

絵本の内容や感想、1ページあたりの文字の量や構成要素などを紹介していきます。

絵本の購入時の参考にしてください。

「ノンタンはっくしょん!」の作品情報と対象年齢

  • 作・絵:キヨノ サチコ
  • 出版社:偕成社
  • 出版年:1989年
  • 対象年齢:0歳〜

「ノンタンはっくしょん!」の内容(あらすじ)

大きなせきとくしゃみが出るノンタン。

くま先生に具合をみてもらいにいきます。

聴診器で、もしもし してもらい、くちの中もみてもらったところ、風邪だといわれました。

先生からもらった薬を飲んで、ゆっくり寝たら風邪がなおりました!

1ページあたりの文字の量と構成要素

1ページあたりの文字の量:「少なめ

※注 文字の量は、筆者の受けた印象です。

「少なめ」の定義は、1ページあたりの文字量がだいたい以下の量です↓

例:わんちゃんが ないているよ。

からすも かーかーと ないているよ。

構成要素:

  • 風邪(くしゃみ・せき・ねつ)」
  • お医者さんの診察(聴診器でもしもし・のどの検査)」
  • 薬と睡眠で元気になる

「ノンタンはっくしょん!」を購入した感想

娘は1歳7ヶ月現在、鼻水と咳で10日に1回位は病院に行ってくすりをもらっています。

今では診察室に入ると大泣きしてしまい、すっかり病院嫌いになってしまいました。

特に、のどの検査の時の、「くちをあーんして」が嫌いのようです。

この絵本では、ノンタンがくちをあーんしてのどの奥を見るシーンがあるので、

それを読んで、のどの検査は怖くないということをわかってほしいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました