【※悪用厳禁】1件あたり10万円?!クラウドソーシングサイトを使って高額商材(プログラミング・WEBデザイン・ライティング・アフィリエイトetc..)を販売する手口を紹介します!

詐欺手口 副業
この記事は約9分で読めます。

・仕事がしんどい

・手っ取り早く稼ぎたい

・元手をかけずに高い収入を得たい

上記は、誰でも一度は考えたことのあるテーマなのではないでしょうか?

私がクラウドソーシングサイトでいくつか案件を受託するうちに、クラウドソーシングサイトを利用して1口あたり10万円程度の高額商材を売りつける輩がいることに気がつきました。

この記事は、その「高額商材を売りつける側」として書いています。

皆さんはその手口を知り、引っかからないように反面教師としてご参照ください。

決してこの記事の「高額商材を売りつける側」の真似をしないよう、よろしくお願いします…。

クラウドソーシングサイトのタスク案件から、広く浅くターゲットを集める

今回は、「プログラミングで毎月80万円稼ぐ方法」と題した高額商材(1件あたり10万円!)を売るとしましょう!

普通にサイトを立ち上げて商材をアピールしても、絶対に売れません。

ところが、クラウドソーシングサイトを使えばたくさんのターゲットを見つけることができます。

高額商材を売りつけるターゲットは仮に、「クラウドソーシングサイトに登録しているプログラミング未経験の主婦」としておきます。

「なんで?」と思われるかもしれませんが、高額商材を売りつける相手としては、

・クラウドソーシングサイトに登録している=お金がほしい、稼ぎたいと思っているというニーズを持っている

・自由に使えるお金が多少なりともある

・外で働けないので、在宅で稼げるなら稼ぎたい

という考えを持っている人をターゲットにすれば、成功率が高いはずです。

売りつける商材が「プログラミング」なのは、あくまで例です。

商材の題材は「WEBデザイン」、「アフィリエイト」、「ライティング」でも「投資」でも、なんでもいいんじゃないでしょうか。

大事なのは、「自由に使える金を持っているが、その分野で未経験の人間である」人をたくさん見つけて、商材を買ってもらうことです。

未経験の人であれば、商材の価格が適正であるかどうかわかりませんかからね。

さて、本題に入ります。

クラウドソーシングサイトで、「プログラミングに興味があるが、実際にはやったことのない主婦」を対象に、アンケートを取るという名目で、1件10円程度のタスクを募集します。

仮に1,000人から募集が来ても1,000人×10円=10,000円程度の費用ですみます。

(募集するための手数料があるので、実際はもうちょっとかかりますが無視します)

アンケートの中身は、「【プログラミングをやったことのない主婦対象】プログラミングにどういう印象を持っていますか?」とか、「実際にやってみたいと思いますか?」とします。

すると、大量の「プログラミングに興味はあるが、実際にやったことのない主婦」とコンタクトをとることができるのです。

タスク案件の文章から、ターゲットを選定してスカウト募集を行う

上記のタスク案件をやってくれた人の中から、「プログラミングの教材のアンケート募集」と称して、「300円~500円の報酬を支払います。6日間にかけて講座を配信するので、毎日講座内容の要約と、感想を書いて送ってほしいです」というスカウト案件につなげます。

そして、スカウトを受けた人に対して「講座はLINEで配信します。LINEのIDを送るので、登録してください」と連絡します。

※ちなみに、クラウドソーシングサイト以外での連絡を取り合うのは規約違反なので、ここで通報されると垢BANです。そうしたらまた新しいアカウントで①からやり直しです。

仮にここで100人と契約したとします。30,000円~50,000円程度(+システム手数料)がかかりますが、10万円程度の高額商材が1件でも売れたら簡単にペイできますね!

LINEを通じて、講座という名の商材アピールを行う

商材販売は、ここからが本番です。

6日間に渡って、講座と称して商材を売り込むための文章をLINEで送信していきます。

ターゲットに共感される内容で自己紹介をする

「学生時代や会社員時代にあった辛い過去のエピソード」、「自分がいかに要領が悪く、ミスが多くて怒られてきたか」、「どれだけお金がないことで苦労してきたか」などの、共感を得られそうな内容を盛り込みながら自己紹介をします。

たとえば「ブラック企業で働いていて、上司にいじめられた」「専業主婦で収入がないことを旦那からなじられた」なんて感じで書けば、大体の人は共感できそうです。

最後は、

「もっとお金を稼げれば…と思い、プログラミングを始めたところ、なんと1ヶ月で80万円程度が稼げるようになりました!

自分は要領が悪くて、勉強も苦手な人間です…。

でもプログラミングで稼ぐのはめっちゃ簡単で、誰でも再現可能です!」で締めくくります。

読んだ人に、「なんか、自分もプログラミングで稼ぎたくなってきた…!」思わせればつかみはバッチリ!

「スクールは最短ルートで稼げない」と、スクールの印象下げを行う

「プログラミングをやりたくなってきた!」と思っている人が、スクールに流れてしまっては商材が売れません。

・「スクールでは50万円近く初期投資が必要になる」

・「スクールの講師は稼げる方法を教えてくれない」

・「正社員で就職しても、全然稼げない。フリーのほうがひと月あたり80万円以上稼げるから就職するのはもったいない」

とスクールへの印象下げを忘れてはいけません。

成功のためには「自己投資が大事」と主張する

上記のとおりスクールを完全否定してしまうと、

「スクールは高額な費用がかかるのか…。じゃあ独学でやろう!」と思われてしまいます。

それでは自分の商材が売れません。

そうならないよう、「成功者は自己投資をしている」と主張します。

「貧乏な人ほど自己投資をしません。成長もしないのでいつまで経っても稼げないままです」と言い切ります。

「まあ、そりゃお金はかけないと稼ぐための方法はわからないよな…」と思わせたらしめたもの。

「成功者は未知のものに対する恐怖を乗り越えて躊躇なく飛び出せる勇気を持っている」

「人生は選択・決断の連続の積み重ねで、自分の人生を決めるのは自分自身。」

と一歩を踏み出させるための後押しをしまくります。

ここでクラウドソーシングサイトでは6日間の契約期間が切れるので、報酬を支払います。

「契約は終了したので、LINEは解除してもいいですよ」とエクスキューズしておくと、とってもスマート。

これでとりあえずは「クラウドソーシングサイトを使って、直接商材を売りつけたんじゃないんですよ~」と言い訳ができます。契約期間は終わってますからね。

さあ、いよいよ翌日が本番です!

【3日間限定の特別価格!】「プログラミングで毎月80万円稼ぐ方法」(※商材)の販売開始

「(10万円で売っても、ギリッギリ訴えられない程度のクオリティの)『プログラミングで毎月80万円稼ぐ方法』教材の販売開始です!

ここまで6日間真面目に講座の感想を書いてくれた100人のターゲットの中には、数人くらい「この人が販売している商材なら、買ってもいいかな…」と思っている人もいるかも知れません。

ここで、「本当は20万円の値段をつけて商材を販売したいのですが…、3日間限定で98,000円で販売します!」というように期間限定価格のアオリをつけて、焦燥感を煽ります。

画面上で72時間のカウントダウンを始めれば、なおさらいい感じです!

まずは1人!

1人でも買ってくれるターゲットがいれば今までかけた費用も、十分ペイできちゃいます!!!

SNSでの自演工作

しかし上記の方法だけで、高額商材を継続的に販売できるでしょうか?

ここまで苦労したのですから、せっかくなのでコンスタントに商材が売れ続けてほしいものです。

ここで、SNSでの自演工作を行います。

・Twitterアカウント

・noteアカウント

・ヤフー知恵袋のアカウント

・複数件のブログ

以上は大量に用意できるものですから、用意できる範囲で無限に作成します。

グーグルなどで自分の名前や講座を検索したときに、悪い評判が出てこないよう、物量作戦でひたすらゴリ推します。

・「(自分の名前)のプログラミング講座で本当に稼げた!」

・「詐欺かと思ったが、実際にためになった」

・「講座を受けてよかった!!!!!!」etc..

少なくともターゲットが講座について調べるであろう、販売期間の3日間は良い評判で埋め尽くして、悪い評判を見えにくくする必要があります。

さらに、自演だけではなく本当にブログを持っている実在の人物に依頼して良い評判を書いてもらうと説得力がアップしますね。

上記の商材販売で使用した心理学テクニック

返報性(「もらったらお返ししよう」という考え)

クラウドソーシングサイトで報酬を受け取っているため、(6日間感想を書くだけで500円もらえるなんて、受注側のターゲットから見れば、割と高額な報酬をもらっていると思われているはずです)それに報いようとする心を利用します。

認知的不協和(「高い商品なのだから、良い商品に違いない」という思い込み)

自分が買い物をする上で、良い買い物だったと思えるかどうかを不安に思っているようなときには「値段に見合わない商品かもしれないけれど、仕方がない」と思うよりも、「高い商品なのだから、良い商品に違いない」と思う方が、気が楽になる心の動きを利用します。

単純接触効果(何回も触れれば触れるほど好きになっていく)

ある刺激に触れれば触れるほど、それを好きになっていく現象を単純接触効果といいます。

今回、6日間(契約までの期間を含めればそれ以上)もの期間をやり取りすることになるのですから、普通にサイトで1回見た程度の状態と比較すれば、好感度が高い状態で商材を販売することができています。

アンカリング効果

アンカリング効果とは、最初に提示された数字や条件がその後の判断にも影響を与える心理現象のことです。

ヒトは価値判断のための情報が一方的に示された場合、その情報を基準として後の判断を調整してしまう傾向があります。

つまり、「本当は20万円だけど、3日間だけ特別に98,000円です!」と言われると、元値の20万円が基準となるため、たとえ商材の価格が98,000円と高額であっても、ターゲットにお得感を感じさせることができます。

ウィンザー効果(第三者(※自演だけど)による口コミによる信頼性の向上)

直接訴えかけるよりも、第三者を介した口コミや情報のほうが信頼性が増すという心理状態(効果)です。

実際のマーケティングでも、該当商品の評判が良いという口コミ情報を第三者が発信することで購買に結びつきやすくなるなど、その効果が実際に認められています。

(まとめ)高額商材を売りつけるために必要なもの

上記の通り、クラウドソーシングサイトを使って高額商材を売りつける手口を紹介しました。

・クラウドソーシングサイトで案件募集するための予算(5万円~10万円くらい)

・クラウドソーシングサイトの垢BANに備えた、たくさんのアカウント

・講座を送るためのLINEアカウント

・ギリギリ訴えられない程度のクオリティのWEBデザインやプログラミングなどの商材

・「怪しくない」、「ためになった」、「実際に稼げた」などをアピールするための自演に使用するTwitter、ヤフー知恵袋のアカウント、noteなどのSNSアカウント(たくさん)

・「詐欺だ」と訴えられたときに抗弁できる理屈

上記があれば高額商材を売ることができてしまうことがわかりましたね。

以上、高額商材を売りつける手口を紹介しましたが、皆さま、何卒、悪用されませんように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました