【0歳~2歳向け絵本】オレンジ色のページに色鉛筆を書くのは反則では!?「いろのえほん(100均 DAISO)」の内容と感想】

いろのえほん 生活
この記事は約2分で読めます。


絵本の内容や感想、1ページあたりの文字の量や構成要素などを紹介していきます。

絵本の購入時や、図書館等で本を借りる時の参考にしてください。

「いろのえほん(100均 DAISO)」の作品情報と対象年齢

  • 作:本に記載なし
  • 出版社:大創産業
  • 出版年:記載なし
  • 対象年齢:記載なし 
  • ※0歳から2歳程度の年齢が対象だと思われます。(筆者注)

「いろのえほん(100均 DAISO)」の内容(あらすじ)

この絵本はしかけ絵本になっています。

全10ページで、1ページに1色ずつ(あかならリンゴ、いちご、さくらんぼ)、かわいいイラストが描かれています。

色とイラストを関連させて覚えることができるので、110円(税込)としてはコスパが良いです。

1ページあたりの文字の量と構成要素

1ページあたりの文字の量:「1単語のみ(とても少なめ)」

※注 文字の量は、筆者の受けた印象です。

構成要素:

  • しかけ絵本
  • 色(赤・オレンジ・黄・緑・青・紫・茶・桃・黒・白)
  • 「動植物(かえる・さかな・ぶどう・ももなど)」

「いろのえほん(100均 DAISO)」を購入した感想

100均のダイソーで売られていたのを見て購入しました。

もし子どもが気に入らなくても、100均なら良いかと思い試しに購入してみました。

実際1歳半の娘に読んでみると、なんと大ヒット!

かなりの頻度で読むようおねだりされます。

どうやら毎ページにある仕掛け部分が子供心をくすぐるようで、毎回めくる部分を楽しそうにいじっています。

耐久性はかなりあり、仕掛け部分は簡単には破れないと思います。

(しかけえほん系は、結構耐久力低いですよね…)

DAISOには他にもえほんや塗り絵なども売っていたので、他の本があれば購入してみたいと思います。

大人げないツッコミポイント

オレンジ色のページに色鉛筆が描かれています。

なぜあえてオレンジ色のページに描いたのか…?

大人の事情(オレンジ色が思いつかなかった?)を感じさせます。

色鉛筆は黒でも赤でも青でも、どの色でもアリなのでは?

黄色のひまわりも、これは本当にひまわりか…?

と思わなくもないです。

せめて茎を長く描いたり、花の中を格子状にするだけでひまわりっぽくなるというのに…。

110円クオリティではありますが、子供受けはいいので結果オーライ感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました