乳児湿疹に悩むママへ~洗顔時に、○○してないから?~

乳児湿疹写真 生活
この記事は約4分で読めます。
この記事は、

・生後1ヶ月以降に、乳児湿疹が出来てしまって悩んでいる

何が原因なのか知りたい

・乳児湿疹の原因を取り除いてから、どのくらいで治るのか知りたい

以上の方に向けて書いています。

結論から書くと、生後1ヶ月の我が子にできた乳児湿疹の原因は、

「洗顔時におけるボディーソープの洗い流しが足りない」ことでした。

筆者の子どもが1ヶ月検診を終えた数日後、ほんの少し顔が荒れていました。

当時は顔・からだ用の保湿クリームをお風呂上がりに塗っていました。

なので、肌の乾燥から来る荒れではなさそうでした。

(まあ、そんなにひどくないし、そのうちに治るだろう…)

そう思っていた数日後、急に顔が真っ赤になるほどの湿疹が出来てしまったのです!

以下、乳児湿疹が出来てしまった娘の写真です。

乳児湿疹写真

すぐにかかりつけの病院に行きました。

結果、やはり「乳児湿疹」の診断がおりたのです。

我が子の乳児湿疹の原因は、「洗顔時におけるボディーソープの洗い流しが足りないから」と言われました。

産院の病院では、「顔を子ども用ボディソープで洗った後、弱めのシャワーでしっかり洗い流す

耳は押さえなくても良い。耳に水が入っても、すぐに体の熱で耳の中の水が蒸発するから。」と教わりました。

しかし、その後訪問した近所の助産院では、

「洗顔後は、顔を洗うために使用するガーゼをお湯で濡らして、最後にガーゼで拭くか、軽く手桶のお湯をかければいい

そのときは耳に水が入らないよう、耳を抑えてあげて。中耳炎の原因になる。

え?病院では顔にシャワーする?!

もし顔にシャワーかけたら、赤ちゃんがびっくりしちゃうでしょ!!」と言われました。

正直、病院の指示とはいえ、生後1ヶ月の赤ちゃんの顔面に正面からシャワーをかけることは結構抵抗がありました。

そのため、助産院の意見を採用し、洗顔後は手桶のお湯をかけていました。

それが我が家の場合、乳児湿疹の原因だったのです。

病院受診後、洗顔時にはボディーソープをしっかりシャワーで洗い流すようにしました。

最初は非常に心理的抵抗がありましたが、意外にも子どもはシャワーを嫌がりませんでした。

病院で処方されたヒルドイド(保湿剤)を塗り、翌日

あまり良くなっていないような…?

1日2回、「ボディーソープで洗顔→しっかりシャワーで洗い流し→ヒルドイドを塗る」を2日程繰り返しました。

ヒルドイドを塗って、昼寝をすると赤みが引いています。

治ったか?と思うと、数時間後にはまた赤みが出て、ブツブツと湿疹が出来てしまうのです。

その日、主人と乳児湿疹のことで喧嘩しました。

主人は「処方された薬を塗っているのに湿疹が治らないのは、薬が合っていないからだ。

明日もう一度受診したほうがいい」という意見でした。

私は「1週間も経ってないのに薬が合っているかいないかは分からない。

現時点での湿疹はヒルドイドが処方される前からの湿疹と同じもののように見える。

だからヒルドイドが合っていないから湿疹ができているのではないと思う。

せめて1週間が経つまで、洗顔とヒルドイドを継続して、どうなるか様子をみたい」と主張しました。

結果、もう2~3日様子を見たら(もしくは今以上に湿疹がひどくなったら)病院を再度受診しよう、という話になりました。

そしてその喧嘩から2日後、果たして乳児湿疹はだいぶ改善されたのでした

結局、顔の泡をシャワーで洗い流す+1日複数回洗顔するようにしてから

4日程度で症状は回復傾向になりました。

そして1週間を経過するころには、すっかり元通りのお肌になっていました

ちなみに、治る前は1日複数回やっていた洗顔ですが、湿疹が消えてからはお風呂のときだけの洗顔に戻りました。

それでも我が子の場合は乳児湿疹は再発しませんでした。

まとめ

・洗顔時、ボディーソープは弱めのシャワーでしっかり洗い流しましょう!(心配なら、最初は様子を見ながら慎重に)

お風呂上がりは必ず保湿剤を塗りましょう!(洗顔と保湿は必ずセットで)

・それでも乳児湿疹ができたら、すぐにかかりつけの病院に行き受診しましょう!(一番大事)

コメント

タイトルとURLをコピーしました